ページ内を移動するためのリンクです。

ホーム > 病院のご紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

痛みやしびれ、運動機能障害により日常生活に支障をきたしている患者さんの生活復帰をお手伝いします。

私たちは「早期社会復帰」「再発予防」の2点を柱とし、手術後超早期からのリハビリテーションはもちろんのこと、保存(手術なし)療法や退院後のリハビリテーションの継続などを各疾患に応じて行っています。また、再発予防に対しても積極的に取り組み、患者さんに安全で安心していただける質の高いリハビリテーションを目指しています。

スタッフ

  • リハビリテーション医師・・・1名
  • 理学療法士・・・8名
  • 作業療法士・・・1名
  • 助手・・・4名
リハビリテーション室

理学療法

理学療法は、日常の基本的動作(寝返り・起き上がり・立ち上がり・歩行など)の回復や、痛み・痺れなどの症状改善を目的に行っています。

  1. 身体機能障害に対して、関節運動練習、筋力強化練習、治療体操、徒手的操作(ストレッチ)などの運動療法を行っています。
  1. 基本的動作(寝返り・起き上がり・立ち上がり・歩行など)の練習を行っています。
  1. 血行の改善、関節や筋肉の柔軟性の改善、痛み・痺れの改善を目的に、物理療法(ホットパック・キセノン・パラフィン・低周波・牽引など)を行っています。
  1. 再発予防を目的に、模型を用いてわかりやすく疾患説明や姿勢指導などを行っています。

作業療法

作業療法は身体機能の改善はもちろんのこと、支障をきたしている日常生活動作の改善を目的に行っています。

  1. 身体機能障害(関節のこわばり、筋力、感覚など)の改善を目的に、直接的に関節を動かしたり、作業(粘土・ペグ・折り紙など)を介してのリハビリテーションを行っています。
  1. 早期に日常生活動作が自立できるように、安全に行える方法や自助具(動作を容易にするための補助具)を利用したやり方について指導・練習を行っています。
  1. 手の外科治療において、手術後の機能訓練やスプリント(装具)を作製しています。