ページ内を移動するためのリンクです。

医局

整形外科

 整形外科は院長の川岸利光はじめ、副院長の中野恵介、関節鏡・スポーツ整形外科部長の今田光一、整形外科部長の田中利弘、診療部長の澤田利匡の整形外科専門医5名と整形外科医員の對馬誉大の常勤医師計6名および非常勤医師3名の計8名で診療を行っております。
 専門分野は、川岸、中野が脊椎・脊髄外科、今田が肩・肘・膝・足関節の関節鏡手術、田中、澤田、對馬が脊椎・脊髄外科と外傷などの一般整形外科を担当しています。手術は年間約1,500件でそのうち7割を脊椎手術が占めています。当院の脊椎手術は顕微鏡手術や内視鏡手術をはじめとする低侵襲手術(傷が小さく、筋肉の切開が少なく体にやさしい手術で、早期に社会復帰できる)が主体であり、マスコミなどに取り上げられたこともあり、患者さんは全国各地から受診されています。また脊椎手術のリスクの軽減、レントゲン被曝の減少のため、術中CTナビゲーションを用いるとともに、合併症の予防、早期発見のための脊髄モニタリングを駆使してより安全な手術を目指しております。
 スポーツ整形外科分野では、今田医師によるスポーツ外来の開設以来、県内外からアスリートやスポーツ愛好家の受診が増加しており、手術は関節鏡を駆使しての低侵襲手術を行っています。高齢の患者さんの肩、肘、膝の関節鏡手術も年々増加しています。
 股関節、膝関節の人工関節手術は熟練した専門医の執刀による手術を行い、術後のリハビリも含め、早期社会復帰を目指したプログラムを組んでいます。
 また手術以外の治療では、麻酔科とも連携しながら外来での疼痛治療やリハビリを含めたチーム医療にも力をいれております。

 副院長 中野 恵介

麻酔科

 当院には5名の常勤麻酔科医がいます。主に、患者さんが安全に手術を受けられるように、周術期管理(手術前~手術中~手術後)を行っています。また、日本ペインクリニック学会専門医による痛み緩和診療外来を週に一回行っていて、必要に応じて入院中の患者さんの痛みの治療にも携わっています。
 2016年の全身麻酔での手術は1,388件ありました。高齢化社会になった現在では、80歳以上の手術も珍しくはなく2016年は80歳以上の手術が全体の12.8%ありました。生活の質を向上させるためには痛みが妨げとなるので、内服で痛みが良くならない場合は整形外科領域の手術が必要となりますが、その治りたいという願いに応えられるように、安全な手術中管理と痛みのない術後回復に努めています。そのためには整形外科医を始め、看護師・薬剤師・リハビリなど他部署とのチームワークを重視し、病院全体のレベルアップのための看護研究のサポートや院内講義などにも協力をしています。

副院長 佐藤根 敏彦