ページ内を移動するためのリンクです。

ホーム > 書類・費用について > 限度額適用認定書について

限度額適用認定証について

限度額適用認定証とは?

70歳未満の方で、事前に手続きを行い、『限度額適用認定証』を病院窓口に提示していただきますと、下記に表記の自己負担の限度額までの支払いとなります。

手続き先は?

保険証の種類 手続き先(保険者)
国民健康保険、後期高齢者医療 市役所または役場
協会けんぽ 協会けんぽ
組合保険 各保険組合または会社

手続きに必要なものは?

  • 印鑑
  • 保険証

手続き方法

手続き方法

医療費の自己負担限度額

1ヶ月の自己負担額は所得に応じて次の計算式により計算されます。

所得区分 1ヶ月当たりの上限(1日〜末日まで)
ア(標準報酬月額83万円以上の方) 252,600円 +(医療費−842,000円)×1%
イ(標準報酬月額53万〜79万円の方) 167,400円 +(医療費−558,000円)×1%
ウ(標準報酬月額28万〜50万円の方) 80,100円 +(医療費−267,000円)×1%
エ(標準報酬月額26万円以下の方) 57,600円
オ(低所得者)
 (被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円

※医療費に食事負担額や部屋代、病衣の貸し出し料などの費用は含まれません