ページ内を移動するためのリンクです。

ホーム > 倫理委員会 > 2018年度

2018年度 倫理委員会 審査承認一覧



審査番号:2018-005

承認日 2018年9月20日 木曜日
件名 肘離断性骨軟骨炎に対する鏡視下骨軟骨柱移植術の術後追跡
実施内容 概要:後向き研究によるカルテおよび画像の提示にあたっては、個人情報を秘匿する処理を行う。
対象:本手術施行患者
実施場所:解析は院内で行う
申請者 関節鏡・スポーツ整形外科部長  今田光一

審査番号:2018-004

承認日 2018年9月20日 木曜日
件名 腰椎椎弓切除術後、低酸素血症を来した症例の検討
実施内容 腰椎椎弓切除術後翌朝までに、SpO2<92%を来した症例と来さなかった症例を後ろ向きに比較検討する。
申請者 麻酔科・痛み緩和診療部長 神谷和男

審査番号:2018-003

承認日 2018年8月28日 火曜日
件名 硬膜外自己血パッチ3症例
実施内容 硬膜穿刺や損傷に伴う低髄圧症候群を呈した3症例を後ろ向きに検討する。
申請者 麻酔科・ 痛み緩和診療部長 神谷和男

審査番号:2018-002

承認日 2018年8月28日 火曜日
件名 「FAS31を用いた診断及び疾患活動性の評価のための問診票」にてスコア13点以上の症例
実施内容 線維筋痛症の診断基準であるFAS31において31点中13点以上が陽性であるとガイドラインで示されている。今回外来新規患者においてスコア13点以上の症例を後ろ向きに検討する。
申請者 麻酔科・ 痛み緩和診療部長 神谷和男

審査番号:2018-001

承認日 2018年8月28日 火曜日
件名 Balloon kyphoplasty後の続発性椎体骨折に対するテリパラチド製剤の有用性 -連日投与製剤と週1回投与製剤の比較検討-
実施内容 高岡整志会病院にて2011年から2017年までに行われた骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon kyphoplasty の術後成績を後ろ向きに調査した。
申請者 整形外科 新戸部陽士郎

注:申請者の役職等は当時のもの
※ 被験者は病院に対して不参加を申し立てる事が可能です。